唐津地区の活動メンバー of 玄界灘風景街道

唐津地区の活動メンバー


 唐津地区で活動するメンバーと、その活動実績などを簡単にご紹介します。

NPO法人 唐津環境防災推進機構 KANNE

photo01.jpg
 環境、防災に関する良好な生活環境を育み、継承を図るとともに、地域におけるネットワークを構築、またより強固にすることにより個々の団体活動の幅を広げ、地域コミュニティの形成と地球温暖化防止に資することを目的に活動している。
 この事業の具体化に向け、情報交換・交流を促進できる仕組みを用意し、その活動を支援するとともに、環境・防災の整備、保全に取り組んでいる。

LinkIconhttp://www.karatsucity.com/~kanne/

社団法人 唐津青年会議所

  • 毎年5月にわんぱく相撲唐松大会を開催
  • 各種まちづくり事業の実施
  • 大韓民国麗水青年会議所との姉妹校流
  • 2008年には第27回全国城下町シンポジウム唐津大会を主管

photo02.jpgphoto03.jpg

LinkIconhttp://www.karatsucity.com/jc228/

玄海フォーラム

 「玄海フォーラム」は新唐津市発足を契機に、同市を中心とする玄海地域の一層の活性化を願う企業人や文化人と西日本新聞社が手を携え、この地域の将来ビジョンや活性化策などを考え行動するために立ち上げた会。
 福岡都市圏との連携強化も視野に入れ、勉強会や交流会などの活動を重ねている。

たちばな塾

 本会は、平成6年度に3年を一期として行政が各地区から募集して立ち上げた団体であったが、3期続いた後、平成15年度からは、市町村合併問題を機に自主的団体として再出発した団体である。
 唐津市浜玉地域の景観・環境づくりを中心に活動中。具体的には、国道202号沿いの市有地に標語看板設置、花(ひまわり、コスモス、菜の花)の播種、栽培、域内の案内板、標識等の清掃、地元公園の藤棚づくり及び管理等を年間を通じて行っている。また、新唐津市の一体感を醸成する新イベント(からつ鍋まつり等)への参加も積極的に行っている。

棚田と菜の花実行委員会


 「日本の棚田百選」(平成11年)にも選定された、蕨野の棚田を有する唐津市相知町蕨野地区では、平成9年に都市部の消費者を迎え「農業体験ツアー」を開催。
 平成10年からは、休耕田や水稲作付後の田んぼに、菜の花やれんげ等の景観形成作物の栽培を増やし、棚田全体の景観向上にも取り組んでいる。
 また、平成12年からは、農業と観光を融合した都市住民との交流を図るため「早苗と棚田ウォーキング」や「菜の花種まき交流会」等を開催するなど、各種の交流事業を展開している。
 平成20年7月には、国の重要文化的景観に「蕨野の棚田」として選定された。

虹の階段(虹の郷)

  • 平成10年、鏡山に植樹 (モミジ、サツキ、桜)を行なった
  • 毎年6・8月に、維持管理ため、除草、殺虫剤散布を行なっている
  • 平成17年3月1日、鏡山:虹の階段の開通式を開催
  • 毎月第2土曜日に、階段清掃登山を行なっている

肥前町国際交流協会

 唐津市肥前町で、昭和62年の町制施行30周年記念事業として国際交流活動を始める。交流相手国は、主に韓国、アメリカ合衆国。
 これまで、

  1. 若ばと交流(韓国釜山市の大学生10名を2週間受入れての民泊交流)
  2. カチカチ交流(韓国ソウル市明知大学の学生10名を2週間受入れての民泊交流)
  3. アメリカ交流(町内中・高校生とアメリカ合衆国の中・高校生との10日間の相互民泊交流)

などを行ってきた。特に韓国の学生との交流では、協会会員、受入家庭の家族及び受入学生と一緒に町内の美化運動として空き缶拾い等を実施している。

武寧王交流唐津市実行委員会

  • 百済武寧王生誕海峡地国際シンポ(H14.1.14 佐賀県立名護屋城博物館主催)
  • 百済武寧王生誕海峡地歴史・文化フォーラム(H16.6.27 佐賀県立名護屋城博物館主催)
  • 毎年度
    • 百済武寧王生誕祭(6月)/ 日韓小中学生ホームステイ(8月)
    • 百済文化祭参加(10月)/ 事業実施報告会(3月)
  • 韓国の王様(武寧王)が加唐島で生まれたということを引き継いで、日韓交流のシンボルとして生誕地加唐島に記念碑建立、生誕祭に併せ記念碑除幕(H18.6.25)
  • さが国際交流フェスタ'07 日タイ修好120年記念典参加(H19.12.2 佐賀市アバンセ)
  • 「加唐島と百済武寧王」~日韓交流20年のあゆみ展開催(H20.2.1~2.24 佐賀県立名護屋城博物館)
  • 韓国国立公州博物館に加唐島特産の椿を植樹。公州博物館長命名「斯麻(しま)の花」日韓親善大使とする(H20.10)
  • アジア食の祭典からつ鍋まつり参加。武寧王実行委員会から2店、公州市から1店が出店(公州市から市民16人が参加)(H20.12.7)

ほいきたの会

 平成2年12月、地域の活性化を目途として、町内地域の頭文字をとり、「ほいきたの温泉朝市」を発足。
 老人福祉センターの温泉利用客のニーズにこたえ、開催時のイベントも各地域の特産品を大鍋で炊いて利用客や地域住民にふるまい喜んでいただいてきた。
 平成15年、地域に根ざした活動に町内漁協、農協、産品づくり等のグループが合流し、高串魚市場に会場を移し、毎週日曜日の午前7時から開催し、農産物や海産物の増大を図っている。

YY企画

 YY国際交流
地域づくり(幟・旗掲揚の協力、まちの駅事業、どんがめ市の協力、イカバーガー製作・販売)
●呼子の商売人の「3つの柱」を実施
 ・1店1品をつくる(観光客に売れるもの) ・休憩所として自分の店を使ってもらう ・情報発信していこう
 …鎮西町、肥前町、玄海町、唐津の西地域で代表者ネットワークを検討中
●情報発信について、加盟は現在16店舗。例えば、自分の店だけであった情報を他の15店舗でも情報発信できる。
 そのキーステーションとして、空き店舗を借りて情報ステーションをつくっている。(土日の午前9時~午後12時)
 観光客に地図を配りながら、観光地の案内や道路の案内など情報発信をしている。

和多田商工振興会

  • 1級河川・松浦川にて佐用姫祭り(名勝、佐用姫岩周辺)を開催。河川清掃及び作用姫岩の保存整備活動を継続的に実施している。
  • 唐津市コミュニティセンター夏祭りにて、青少年の健全育成活動に貢献
  • 和多田地区防犯連絡協議会を設立し、夜間の道路パトロールを実施
  • 平成20年度に行なった清掃活動の様子

photo05.jpgphoto06.jpg

道守佐賀会議

  • 道守活動:道に関する清掃や、緑化、シンポジウムの開催など様々な活動を実施
    • ルート203みちの見学会
    • ひなまつりおもてなし清掃活動
    • シュガーロードフェスタIN佐賀(長崎街道をテーマにしたシンポジウム)
    • ワイワイ「みち」を語ろう~くるま座だんぎin伊万里
    • 橋フェスタin諸富橋、大川橋
    • 「橋の日」清掃

玄界灘風景街道 ~ 都市の楽しさや歴史、大陸とのつながりが、あらたな形でよみがえる福岡・糸島・唐津ルート

back_image_01.gif