福岡地区の活動メンバー of 玄界灘風景街道

福岡地区の活動メンバー紹介

 福岡地区で活動するメンバーと、その活動実績などを簡単にご紹介します。

NPO法人 はかた夢松原の会

 埋め立てられた博多湾・百道地区に松原を復元しようと市民の手で松苗植樹を始めたことをきっかけに、海、川そして山へと豊かな環境をつくるための活動を行ってきた。それに伴い、自らの団体だけでなく、都市から水源地へとつながる各団体との連携や北九州から唐津につながる松原保存団体との「沿岸松原サミット」など幅広いネットワーク形成にも力を注いできた。
 また、自動販売機の設置についての現地調査、アンケート調査、シンポジウムや福岡の中心市街地における放置自転車全国ワーストワンをきっかけとする、自転車の快適利用環境づくりを目指した調査、シンポジウム、提言などを行ってきた。

LinkIconhttp://yumematsu.com/

We Love天神協議会

 天神地区の持続的なまちづくりを目指して、平成18年4月に協議会を設立。
 天神地区の魅力を向上させ、集客力の向上・都心活力向上に寄与するために、「歩いて楽しいまち」を目指した地区の将来ビジョンである「まちづくりガイドライン」の推進に取り組んでいる。
 来街者のための天神マップの英語版の作成や、天神地区の商業施設や観光案内所のインフォメーションの方々の情報共有をはかり、スムーズな案内が実施できることを目的とした会議を開催している。
 また「天神ピクニック」を継続実施し、歩行者専用道路の拡大や、オープンカフェセットの設置等を実施した。
 景観や街の回遊性向上のための街路樹イルミネーションも現在実施している。

LinkIconhttp://welovetenjin.com/

志賀島振興協議会

 自治会や農協、漁協、商工会など地元の幅広いメンバーにより構成され(23名)、志賀島活性化のための検討や活動を行っている。
 これまでに、志賀島地域振興のため「志賀島活性化構想」を策定し、活性化構想に基づき、地域活性化イベント「金印まつり」の開催や観光振興など、地域住民と行政との共働によるまちづくりに取り組んでいる。

道守ふくおか会議

 道守ふくおか会議は、福岡県内において道に関する様々な活動を行う人々や団体で構成する民主体の任意団体。平成19年12月に開催された「日本風景街道シンポジウムin九州」に合わせて九州全体の道守達が集う「みちづくしin福岡2007」を開催した。
 また、玄界灘風景街道「糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会」の活動冊子作成を支援した。各団体の主な活動は下記のとおり。

  • 道の清掃・美化
  • 沿道の花・木育成
  • 道路の点検モニタリング
  • 歴史街道の創出活動
  • 風景街道活動団体との協働 等



玄界灘風景街道 ~ 都市の楽しさや歴史、大陸とのつながりが、あらたな形でよみがえる福岡・糸島・唐津ルート

back_image_01.gif