玄界灘風景街道とは of 玄界灘風景街道

■玄界灘風景街道とは

 古くからアジアとの交流舞台だった玄界灘を臨む福岡・糸島・唐津は、海岸線の白浜と松の緑でつながる、わずか1時間程度の距離。

 国道202号、国道204号を機軸とし、その周辺地域の中を覗いてみると『歴史の深み』や『個性的な文化』『豊かな自然』そして『近代的な都市の楽しさ』に溢れています。

 私たちは、このような地域でパートナーシップをとりながら、人々の思いや様々な魅力をつなぐことによって、訪れた人が立ち寄り、時には歩いて楽しく、2時間で走りすぎることがもったいないと感じるような、そんな『みちづくり』に取り組んでいます。

image_01.gif

■テーマ・方針

玄界灘風景街道のテーマ

 玄界灘風景街道では、次のことを取り組みテーマに掲げています。

『日本初 都市型風景街道への取り組み』 と 『アジア歴史自然がつなぐ地域連携』


活動方針

 玄界灘風景街道は、古くから大陸との交流が盛んなエリアですが、エリア内には九州の中枢都市へと発展した「福岡・博多(福博ゾーン)」と、松原や砂浜が続く海辺の景観と歴史が融合した「唐津・糸島・福岡市沿岸部(海浜ゾーン)」という二つの顔を持ち合わせています。

 玄界灘風景街道では、「福博ゾーン」の近代的な空間と「海浜ゾーン」の歴史的な空間といった対照的なものを対比する面白さや、それぞれのゾーンがもつ魅力を引き出し、さらに将来にわたっては、大陸とのつながりを強めていく活動を展開していきたいと考えています。

 より良い活動を行うにあたり、次の4つの方針を定めました。

歴史的な街道でルーツを探り、海道でルーツを起こす
多くの文化が、大陸から玄界灘を経て本地域に伝わり、そこから日本各地に広がっていきました。大陸からの文化の窓口であった本地域には、唐津焼(陶磁器)をはじめ、うどんや饅頭、茶など多くの文化の日本発祥の地となっています。また、現代においては、「アジア・ハイウェイ」構想のもと、日本と韓国の往来を活発にする取組みが進められつつあり、新たな文化のルーツが起ころうとしています。【福博ゾーン】 知っとうね、博多は発祥の地がたくさんあると【海浜ゾーン】 太古のロマンでネットワーク
地域のこだわりを見てもらいたい
大都市福岡・博多の路地裏で、うれしくなるようなものを発見できるのも、祭りがつくるハレの雰囲気を街中でいつも感じられるのも、浜辺に続く美しい松原や、海や山を赤く染める夕日の景色、にぎやかさの中で幻想的な光に包まれた夜景など、地域の人々には、地域を愛する気持ちから、いい意味でのこだわりを見てもらいたいと願っているのです。【福博ゾーン】 路地裏の達人【海浜ゾーン】 こだわりや伝統をつなぐ。
目で、耳で、肌で感じる時代(とき)の流れ
何となく眺めていた松原、道の両側から聞こえてくる潮騒(海の中道)、夜だけの楽しみと思っていた屋台、なくても仕方ないと感じていた都市の緑、季節がくると始まると思っていた祭り、何の不思議も感じていなかったこれらの空間が、考え方や視点を変えることで、次の時代への新しい文化として芽生えてきます。このような時代(とき)の流れを、私たちと一緒にいろいろな人にも目や耳、肌で感じて欲しいと思います。また、これまで海の向こう側と感じていた国々が、身近に感じられるようにしたいと思います。【福博ゾーン】 育てよう、緑のネットワーク【海浜ゾーン】 古くさいと思っていない? あたらしいことがはじまっているよ 歴史と現代のハーモニー
道路から径(みち)へ
玄界灘風景街道の地域では、博多祇園山笠や唐津くんちをはじめとする道と密接に関係している文化が数多くあります。私たちは、地域にあった沿道景観や美化に取り組み、車中心の道路から、町の雰囲気、町並みと一体となった、人との関わりを感じる『径(みち)』を創りたいと思っています。【福博ゾーン】 つなごうや、光のネットワーク【海浜ゾーン】 人が、文化が、まちの個性が『おもてなし』します

■ルート代表者の声

 玄界灘風景街道は、福岡県の福岡と糸島、佐賀県の唐津の3つの地域で展開されている多種多様な資源(活動)から構成されています。これらの活動は、地域における自然、歴史、文化並びに国際交流により、豊かさと賑わいを創出する資源であり、まさに日本風景街道が掲げる「国土文化の再興」の主旨に合致していると思います。

 さらに、これからの社会において必要とされることは、地域間連携と交流の活性化であると推察します。そこで、私たちは、“街道”を人々の交流をみちびき、各資源へアクセスする手段(行き来する概念)と捉え、それを実現する活動を展開したいと思います。

 道があるからこそ、地域の人々だけに限定された資源(活動)に、多くの人々が訪れ、見ることができ、楽しむことができます。玄界灘風景街道では、地域に暮らす人々、訪れる人々の心を満たせる機会を提供していきます。

玄界灘風景街道パートナーシップ推進会議 代表 岩本真二

photo.jpg

お問い合わせは、玄界灘風景街道パートナーシップ推進会議事務局(唐津市役所 企画政策課)まで

  • E-Mail : kikaku@city.karatsu.lg.jp
  • 電話: 0955-72-9115
  • FAX : 0955-72-9180
  • 住所: 佐賀県唐津市西城内1-1
  • 郵便番号: 847-8511

玄界灘風景街道 ~ 都市の楽しさや歴史、大陸とのつながりが、あらたな形でよみがえる福岡・糸島・唐津ルート

back_image_01.gif